【2018年春のおすすめ】価格・性能・コスパで選ぶノートパソコン!【2in1編】

スポンサードリンク

Lenovo(レノボ) Yoga 720

Lenovoと言えば、ThinkPad。元々はIBMのPCブランドだったThinkPadだが、IBMがPC事業から撤退し、それを受け継いだのがLenovo。

LenovoはThinkPadの系譜を受け継ぎつつ、低価格でも高性能なPCやタブレットを作っています。

そんなLenovoからは、見た目もカッコイイ2in1ラップトップのYogaシリーズに注目

lenovo-laptop-yoga-720-0002lenovo-laptop-yoga-720-0001

Yogaシリーズの中でも、yoga 720が価格、性能ともにちょうどイイ感じ。

12.5型のフルHDのIPS液晶を搭載し、360°回転させることができるヒンジデザイン。

文書作成時はラップトップ、webのブラウジングやSNSをやるときはタブレットモードなど、自由なスタイルで利用できる。

高音質のHarman製ステレオスピーカーも搭載しているので、動画や音楽を楽しみたい人にもいいんじゃないかな!

比較項目 Surface Pro Yoga 720
ディスプレイ 12.3型 12.5型
CPU (7th)Core m3 (7th)core i3-7100U
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 128GB SSD 128GB SSD
OS Windows10 Pro Windows10 Home
Office Home&Business Premium 選択可
Wi-Fi IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
IEEE 802.11
a/b/g/n
セキュリティ 顔認証 指紋認証
外部スロット USB3.0×1
microSDXCスロット
USB3.0×1
USB3.0Type-C×1
キーボード 別売り 付属
タッチペン 別売り 付属
重量 768g(tablet)
1078g
1180g

CPU性能はYoga720の勝ち。OSのProとHomeの違いは全く気にすることなし。

OfficeソフトはHome&Business Premiumを選択可能。

惜しいのはWi-Fiのacに対応していないこと。だからといって速度が極端に遅いことはないので、あまり気にする必要もなし。

Yoga720にはカードスロットが付いていないが、ここをどう考えるか。
もちろんUSBでカードリーダーを接続すればいいわけだが、それが不便と感じるかどうか。

重量はさすがにSurface Proに軍配があがるが、1.18kgなら十分に軽量と言える。

lenovo-laptop-yoga-720-0003

LenovoはLenovo 公式サイトで購入するのが、一番お得なケースが多い。
常にいろんなキャンペーンを行っており、Lenovo 公式サイトで配られている割引クーポンを利用すると30%以上の割引が受けられる。場合によっては5割近い割引もあったりするので、要チェックです。

単純に10万円の価格のものが7万円で手に入れば、残りの3万円+ちょっとで、Officeのパッケージが買えることになる。これはけっこうデカイと思うヨ!

Yoga720も割引クーポンを使用することで、上記のOfiiceなしモデルなら、8万円以下で購入可能。
CPUをCore i3⇒Core i5、メモリ4GB⇒8GB、SSD128GB⇒256GBにアップグレードしたモデルでも9万円以下で購入可能。

Office付きは学割対象モデルとなり、学割キャンペーンを利用すると、Core i5/メモリ8GB/SSD256GBのモデルが10万円をほんのちょっと超える価格で購入可能!!

学割キャンペーンは3月31日までなので、学生の方は要チェック!!

より詳細な情報は、Lenovo 公式サイトでどうぞ。

公式サイト以外であれば、Lenovo 楽天市場店がいいかな。
Lenovoが直接運営してるから、公式サイトと同等の品揃えだし、変なものをつかまされる心配もなし!楽天ポイントが貰えることを考えれば、価格も公式サイト並みかもしれないネ。

Dell(デル) Inspiron13 5000 2in1

PCの販売台数は世界でもトップクラスを誇るDellLの製品を見てみましょう。

DellはBTOの直販スタイルなので、高スペックなものでも比較的安価に、手に入れることができます。さらに自分好みにパーツをカスタマイズすことも可能!

Dellといえば、なんといっても「xps13」でしょう!
なんですが、さすがに10万円オーバーなので、別の機会に紹介するとして、今回はInspironシリーズに注目してみます。

Inspironシリーズの2in1ラップトップでは、Inspiron 13 5000 2in1 プレミアムをセレクト。

inspiron13-5000-2in1-0002inspiron13-5000-2in1-0001

360°ヒンジが回転してタブレットモードになるところは、LenovoのYogaと一緒。

2in1で画面が13.3インチあると、かなり満足感がありますね~。
なおかつ明るいパネルを採用してるから屋外でも見やすいし、バックライト付きのキーボードで、いろんな作業がしやすそう。
Waves MaxxAudio® Proっていうのを採用していて音もいいようです。

デル公式 楽天市場店を見たら、Inspiron 13 5000 2in1 エントリー・プラスというモデルがありました。

比較項目 Surface Pro Inspiron13 5000
エントリープラス
ディスプレイ 12.3型 13.3型
CPU (7th)Core m3 (4th)Pentium 4415U
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 128GB SSD 1TB HDD
OS Windows10 Pro Windows10 Home
Office Home&Business Premium なし
Wi-Fi IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
セキュリティ 顔認証 顔認証
外部スロット USB3.0×1
microSDXCスロット
USB3.0×2
USB2.0×1
microSDXCスロット
キーボード 別売り 付属
タッチペン 別売り なし
重量 768g(tablet)
1078g
1620kg

CPUがPentium、SSDではなくHDDなので、価格が押さえられているモデルです。これがCore-iとSSDの組み合わせになると、どうしても10万円オーバーになってしまいます。

ちなみにPentiumの位置づけとしては、Core-M<Pentium<Core-i っていう感じ。

HDDが1TB!あるので、高精細な写真や動画などをたくさん保存しておきたい人にはいいかもしれません。

スロットは豊富でいいんだが、タッチペンがないとか、ちょっと重量があったりと、コスパで見るとあまり高くはないかな~、という印象です。

しかし、楽天ではなくデル公式サイトを見ると、今だけ新生活応援セールを行っており、最大20%OFFのクーポンが利用できます。さらに学生・教職員の人であれば学割のクーポンで22%OFF!!

これを使うと、がぜんコスパが良くなる!さらに、10万円以下でワンランク上のモデルが狙えます!
気になる人はチェックしてみて下さい!

ASUS(エイスース) TransBook T304UA-7100

ASUSと言えばZenFone。格安SIMのMVNOで扱うスマホの中で、HUAWEIと人気を二分するスマホなので、けっこう知ってる人もいるじゃないかな?

あまり、なじみのない人のために、ちょっとだけ解説。

ASUSは台湾の半導体メーカーです。「な~んだ台湾か、日本製には到底及ばないっしょ」と思ったアナタ!その認識古すぎます!

今や台湾はIT大国。パソコンの心臓部、マザーボードのシェアは全世界の90%を台湾のメーカーが占めています。僕のデスクトップPCのマザーボードもASUSのものです。

その中でもASUSはマザーボードの生産量が世界一!世界のシェアの約40%、つまり世界のパソコンの3台のうち1台はASUSのマザーボードを使っていることになります。

さらに、googleのスマホNexusを造っているのもASUS。ということで、その技術力の高さはgoogleのお墨付きです。

それじゃー、ASUSの2in1ノートから製品をチョイスしてみましょう!

注目するのはTransbookシリーズです。見た目がMicroSoftのSurfaceにとても似ていて、なおかつ高性能でSurfaceよりも安いと来たもんだから、Surfaceにケンカを売ってると言われるモデルです。(笑)

手頃な値段のモデルとしては、TransBook T304UA-7100Uがいいかなと。

asus-transbook-t304ua-7100-0001asus-transbook-t304ua-7100-0003

ボディは軽くて丈夫なマグネシウム合金。Surfaceには及ばないもののタブレット単体だと830gという驚異的な軽さ。

背面のスタンドを引き出して本体を自立させることが出来て、最大170°まで無段階で角度を調節できます。

2W+2Wのステレオスピーカー搭載で、世界的に有名なオーディオブランド「Harman Kardon」の技術で、なかなか音の方もパワフルでいい感じ。

1,024段階の筆圧を感知できるASUS Penも付属してるので、タブレットとしても使いやすいモデルになってます。

比較項目 Surface Pro Transbook
ディスプレイ 12.3型 12.6型
CPU (7th)Core m3 (7th)Core i3 7100U
メモリ 4GB 4GB
ストレージ 128GB SSD 128GB SSD
OS Windows10 Pro Windows10 Home
Office Home&Business Premium なし
Wi-Fi IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
IEEE 802.11
a/b/g/n/ac
セキュリティ 顔認証 指紋認証
外部スロット USB3.0×1
microSDXCスロット
USB3.0×1
USB3.0Type-C×1
microSDXCスロット
キーボード 別売り 付属
タッチペン 別売り 付属
重量 768g(tablet)
1078g
830g(tablet)
1184g

さて、このスペックで安いところでは7万円前後で手に入る訳なので、Surfaceにケンカ売ってるって言われるのも分かりますよネ。

asus-transbook-t304ua-7100-0002

どこで買うのが一番お得かという点ですが、やはり定番のアマゾンか、楽天がいいかなと思います。(楽天の方が品揃えが豊富)
あとは、ASUS公式オンラインショップもチェックしてみて下さい。キャンペーンやアウトレット品で安くなってる場合があるので。

いちばんのおすすめは・・・

僕としては、ASUSのTransBook T304UA-7100Uが一番のおすすめです!

次点でLenovoのyoga 720になるかな。

今回は、かなり機種を絞り込みましたが、ASUS、Lenovoには、他にも良いモデルがたくさんあります。

2in1じゃなくていいや。という場合であれば、更に選択肢が広がって、コスパに優れたノートPCが沢山あるので、次の機会に紹介してみたいと思います。

それでは、また!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする