auのTORQUE(トルク)タフネスシリーズがおもしろい!性能・価格まとめ。

スポンサーリンク

TORQUE(トルク)タフネスシリーズが再び脚光を浴びてるらしい。

outdoor_ski_01

auから2017年春モデルとして、京セラの高耐久性を誇るガラホ「TORQUE(トルク)X01」が発売され、久々のタフネスケータイの復活!ということで話題になりました。

これまでも「TORQUE(トルク)」シリーズはタフネススマホがauから出ていたんですが、シリーズに共通するごついデザインが再び脚光を浴びているようです。

それでは、これまで発売されたタフネスシリーズを確認してみましょう!

TORQUE(トルク)G01

au2014年夏モデル(KYY24)

TORQUE-G01

米軍事調達規格MIL-STD-810Gに準拠した高耐久性が特徴

防水・防塵・耐衝撃・耐振動・耐日射・防湿・耐温度・耐低圧・耐塩水といった、あらゆる環境への耐久性を備えている。「TORQUE」シリーズでは初となる国内向けモデル。国内におけるラグド系スマートフォンの草分け的な存在。

※ラグドとは、「ごつい」「いかつい」「荒削りな」といった意味

【主なスペック】

OS Android 4.4
画面サイズ 4.5インチ
重量 182g
電池容量 3,100mAh
CPU  1.4GHz
MSM8928
クアッドコア
外部メモリ 最大128GB
microSDHC,XC
内蔵メモリ
(ROM/RAM)
16GB/2GB
4G LTE対応 〇(3Gも可)
wi-fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
wi-fiテザリング 〇(最大10台)
Bluetooth
カメラ メイン800万画素
サブ200万画素
おサイフケータイ
防水 IPX5/8
防塵 IP6X

カシオのG-SHOCKとも連携出来ちゃいます!

TORQUE(トルク)G02

au2015年夏モデル(KYV35)

TORQUE-G02 TORQUE-G02

「TORQUE G01」の後継モデル。G01から耐衝撃性能がさらにアップ!

新たに耐氷結性能と耐荷重性能、スマホとして世界初という耐海水性能も備え、水深1.5メートルの海中でも動作する“最強”スマホに進化!

【主なスペック】

OS Android 6.0
画面サイズ 4.7インチ
重量 203g
電池容量 2,910mAh
CPU  1.4GHz
MSM8928
クアッドコア
外部メモリ 最大200GB
microSDXC
内蔵メモリ
(ROM/RAM)
16GB/2GB
4G LTE対応 〇(WiMAX2+も可)
wi-fi規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac
wi-fiテザリング 〇(最大10台)
Bluetooth
カメラ メイン1,300万画素
サブ500万画素
おサイフケータイ
防水 IPX5/8
防塵 IP6X

G-SHOCKとの連携もそのまま、「Outdoor Portal」アプリ搭載!

TORQUE(トルク)X01

au2017年春モデル(KYF33)

詳しくは、こちらの記事⇒【auガラホ2017新製品】TORQUE(トルク) X01 タフネスケータイが帰ってきた!GRATINA4Gと比較!価格は?

各モデルの現在の価格など。

各モデルのスマホの中古販売店などの価格を調べてみました。

TORQUE G01

発売から時間が経っていることもあり、程度の良いものが少なくなってきているように思います。ただし、かなり手頃な値段で手に入ります。

・中古の多少キズがあるようなB級品であれば、10,000円以下

・美品~未使用品であれば、20,000円台前半

TORQUE G02

人気のためか、球数が非常に少ないです。

たまに未使用品があったりしますが、端末価格もけっこう高いです。

・中古の多少キズがあるようなB級品であれば、20,000円台

・美品~未使用品であれば、50,000円~60,000円台

さすがにこの値段になると、素直にauショップで毎月割を効かせて手に入れた方がいいと思います。ただし、auショップでも在庫が限られてきています。

TORQUE X01

あまり多くはありませんが、取り扱いはあります。

端末の価格としては、未使用品の場合、auショップで普通に手に入れるのとさほど変わりません。

・美品~未使用品であれば、30,000円台後半~40,000円台

どんなところで手に入る?

このへんで探してみて下さい。(僕もたまに利用してます。)

リサイクルモバイルショップECOMO

スマホ生活

中古パソコンと白ロムのイオシス

中古スマホ・白ロム専門フリマ/ムスビー

この他には、やはり「ヤフオク」で探してみるのがいいと思います。掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。

まとめ

TORQUE G02やX01の価格を見ると、「Zenfone3」や「HUAWEI P9 Lite」などの高性能格安スマホのほうが安いじゃないか!となってしまいます。

しかし、そういったスマホと比べるような端末じゃないんですよね。きっと。

多少乱暴に扱ってもOKな耐久性、そして何よりも、他にはない個性的なラグド系のデザイン、そこが良い訳ですよ。

これから、海へ、山へと自然のフィールドで遊ぶ機会が多くなる季節です。

アウウトドア派、個性派、武闘派?のあなた!

TORQUEタフネスシリーズを考えてみてはどうでしょう!!

それでは、また。