中学生にスマホは必要か?保有率などスマホ事情を考える。

スポンサーリンク

中学生のスマホ事情

iphoneを操作する女の子

スマホの所有率について

デジタルアーツ株式会社が3月1日に公表した「未成年の携帯電話・スマートフォン利用実態調査」の結果によれば、何らかの携帯電話を持つ中学生の割合は82.0%(前年76.2%)となっています。

ちなみに、スマホ所有者のうちアンドロイドは45.6%、iPhoneは54.4%となっており、その中で格安スマホ使用者は13.0%となっています。

使用頻度の高いアプリは多い順から、LINE、YouTube、TwitterとSNSアプリが上位を占めています。

中学生で8割ですよ。僕の感覚からするとすごい数字です。(もちろん多いという意味で)

スマホが必要な理由は?

中学生でスマホが必要になる理由について、MMD研究所の調査結果から、

①子供が塾や習い事に通い始めたから

②自分が働きに出るようになった(出ている)から

③周りの子どもが携帯電話を持つようになったため

その他の意見の中には、部活の連絡方法がLINEのためというのもありました。

確かに中学生になると、部活が終わってから塾に通うというパターンになり、帰りが遅くなるという事情も出てくるでしょう。

また、塾に通い始めると、何かとお金がかかってくるので、両親ともに働きに出るという家庭も多くなるんだと思います。

これらを考えると連絡手段としてスマホやケータイを持たせるというのはわかる気がします。

うちの場合はどうかというと

うちにも中学生の娘がいます。

塾や習い事にも通ってますし、部活の関係で休日に学校以外の場所で練習があったり、友達と遊びに行く場合もあります。

しかし、スマホは持たせておらず、連絡用に小学生のときから使っている、auのキッズケータイを今でも使っています。

もちろん、中学生になるときや、塾に通いはじめたときなど、スマホを与えるべきか考えました。

スマホなどで連絡をとる状況がどれくらい発生するか。

●塾は終わりの時間が22時ぐらいになるが、その時間帯に中学生の女の子を1人で通わせるという選択肢はない。塾や習い事には僕か母親のどちらかが送迎する。よって、ここでは連絡を取るような状況にはならない。

●休日などに友達と遊びに行く場合、連絡がとれる手段が欲しいが、そんなに頻繁にあるわけではないので、キッズケータイで十分。

●部活の仲間どおしでLINEを使って連絡をとりあう場合があるが、母親のスマホに連絡をもらえば問題ない。

我が家の結論として

当面、子供専用にスマホが必要になることはないという結論になりました。

他の子が持っているからという理由は却下です。

あの子があのゲーム機を持ってるから自分にも買ってくれと言っているのと同じなので。

何よりもスマホを持たせて心配なのは、SNSなどを通して、いじめなど何らかのトラブルに巻き込まれることです。

自分の娘を信用はしているものの、そこはまだ中学生です。SNSがこれだけ拡大している時代の「情報モラル」といものをもう少し身に付けてからでもいいのではないか、という考えです。

自分のスマホを持っていないと、ネットに一切触れられないかというと、そうではありません。

うちの娘は、iPodTouchを持ってます。iPodTochは音声通話ができないだけで、あとはiPhoneと一緒です。家にいるときはWi-Fiの環境があるので、ネットを見ることができます。もちろんLINEも可能です。(ただし、許可してません。)

LINEやTwitterなどのSNS以外で、勉強しながらちょっとした調べものをしたり、話題になっていることを検索したり、YouTubeを見たりということに関しては、とやかく言っていませんので、よくやってます。(もちろんフィルタリングはかけてますが)

そうやって、ネットに触れていく中で、「こういうことはやっちゃいけない」だとか、「こういうのは気をつけなきゃいけない」ということを親が教えていく、情報モラルを身に付けさせていくようにしています。

こういう風に書くと、そんな堅苦しく考えなくても・・・という感じになると思いますが、まったく堅苦しい教育をしているつもりはなく、普通に「これダメだよね~」という風な普通の会話をしているだけなんですよ。

たったそれだけでも、色んなことを覚えていくんじゃないのかなと思ってます。

娘も、特に不満には感じていないようです。ただ、いまだにキッズケータイを使ってるのは、ちょっとはずかしいというのはあるかもです(笑)。

うちの場合はこんな感じですが、もちろん家庭によっていろんな状況、事情があると思いますので、どーしてもスマホを持たせなきゃいけないっていうこともあると思います。

その場合でも、自分の子どもがどんな風にスマホを使ってるのか、少し気にしてあげるといいのかなと思います。スマホを買い与えるといっても、親から子へスマホを貸し出してるのと一緒ですから。

高校生になれば事情も違ってくるので・・・

今後のことを考えれば、高校生になったらスマホは必要だろうな~とは思います。

高校生ともなれば、毎日、親の送迎で学校へということはないですし、ある程度自分のことは自分でやってもらわないと困るので。

そうすると必然的に連絡手段としてのスマホは必須になってくるんだろうと思います。

あ~、スマホ代がかさむ~と嘆きつつ、娘にスマホを買ってやる自分の姿が目に浮かびますね(笑)。

その時に、少しでも携帯料金を安くしたいな~という場合、どんな選択肢があるのか考えてみると、

①スマホではなくガラホにする。

確かにガラホならLINEもできるのでいいんですが、なんせ画面が小さいのでネットには不向きです。普通に通話などもやることを考えると料金面でもあまりメリットはないように思います。何よりも娘に拒否されると思います(笑)。

②格安SIMのMVNOにする。

僕もmineo(マイネオ)というMVNOで格安SIMを使ってます。元々はauだったんですが、今は音声通話はauのガラホ、データ通信はmineoの格安SIMにしています。料金の面でかなりのメリットがあります。

ただし、最新版のiPhoneやXPERIAを使いたい!となったらちょっと苦しいですね。大手キャリア以外だと、SIMフリーの端末を購入するしかなくなるので、けっこうな金額になります。大手キャリアの毎月の割引など考えれば、そのほうが安く済むかもしれません。

別に端末は気にしないよ!と言ってくれれば、MVNOで購入できる、HUAWEIやZenfoneなどの格安で高性能な端末を選ぶことができるので、MVNOのメリットを最大限に活かせるんですが・・・。

③このままauで端末購入。

キッズケータイを解約して、新規でスマホを購入する。

auのキッズケータイは電話番号を3つまでしか登録できません。現在、登録してあるのは父、母、兄(大学生)の携帯番号です。機種変扱いにして電話番号をそのまま残す意味もないので、解約に躊躇はいりません。解約して新規購入したほうが、学割など有利な条件で購入できるんじゃないかと思います。

それで2年間で端末代を払い終えたら、格安SIMへMNPという選択も考えられます。

まっ、その時がきたら、また色々と考えてみたいと思います。

もしかしたら、大手キャリアの携帯料金も劇的に安くなってるかもしれないし・・・。

それはないか・・・(笑)。

それでは、また。