どうして乳酸菌が花粉症の症状緩和に効くの?摂り方を間違えると効果がない?

ヨーグルト写真

乳酸菌を摂ることで腸内環境が整えられ、花粉症の症状緩和やインフルエンザにかかりにくくなったりと、健康にいいという話しをよく耳にします。

でもどうして腸内環境を整えることが健康に繋がるのでしょう?

どうして乳酸菌を摂ることで腸内環境が整えられるのでしょう?

スポンサーリンク

腸はどんな働きをするんだろう?

腸の働きをまとめると次のようになります。

食べ物の消化・吸収

・食べたものは胃で消化するよりも腸で消化するほうが比重が大きい。人間が生きていくうえで必要な栄養素は腸で吸収される。
・腸内細菌が消化管から分泌される酸素では消化できないものを分解する。

代謝

・腸内細菌によってビタミンB2などの酵素が合成され、脂質をエネルギーに変える。

免疫機能

・腸の中に入った毒素(細菌やウイルスなど)を吸収せず、不要な老廃物とともに便として体外に排出する。

腸で吸収される栄養は、その人の血液の質や体質自体を決定することになります。また、体に害となる不要な物を体外へ排出するなど、腸はいわば「人の生命維持にかかわる最も大切な器官」であることがわかります。

腸は体の中の最大の免疫器官

腸は体の中の最大の免疫器官です。その働きを見てみましょう。

体の中に入ってきた細菌やウイルスは腸の粘膜から最も侵入しやすいとされています。

したがって血液中を流れるリンパ球といわれる免疫細胞の多くが腸に集まっており、バイエル板と呼ばれるリンパ組織を形成しています。

人の体の免疫システムの7割が腸に集中していると言われています。

腸に入ってきたものが良いものか悪いものかを判断したり、それをパターン化して記憶したりしますが、それを脳の判断を待たずに独自に行うことから、「腸は第2の脳」と呼ばれることもあります。

腸内細菌の役割

人の腸の中には100兆個の細菌が住み着いています。

それが「腸内細菌」と呼ばれるものです。
その働きは大きく3つです。

1.有害なものが腸に感染するのを防ぐ
腸内に住み着いて腸壁を覆い、侵入してきた有害物の増殖を防ぎます。

2.免疫の働きを活性化する
腸の免疫システムを刺激して、その働きを活性化します。

3.消化を促進する
消化を助ける酵素を分泌して腸の働きを活性化します。この働きの中にはコレステロールや中性脂肪などの脂質の消化・吸収をコントロールし、余分な脂質の排泄を促進する機能もあります。
腸内細菌は善玉菌と悪玉菌に分けられますが、それは常に一定の状態ではなく、様々な要因で変動します。健康な状態では善玉菌が増え、逆の状態では善玉菌が増えます。

善玉菌は腸内を酸性に保ち、食べ物の消化・吸収を促進したり、免疫力を高める働きをします。

悪玉菌は腸内をアルカリ性にし、発がん物質などの有害物質を作り出し、体の抵抗力を弱めたりします。

このように腸に備わている仕組みの多くは腸内細菌によって調整されていると言ってもいいわけです。つまり、善玉菌と悪玉菌のバランスが崩れ、悪玉菌が増えると免疫機能が低下して、病気に侵されやすくなったり、花粉症などの症状が悪化したりするわけです。

よって、腸内環境を整えるために乳酸菌を摂取しよう!ということになりわけです。

乳酸菌の摂取には、ヨーグルト、乳酸飲料、サプリ、どれがいいのか?

ヨーグルトイラスト乳酸飲料イラスト乳酸菌サプリ

結論から言えば、「どれでもOK」ということになります。

これらの体外から摂取する乳酸菌は腸内に定着することはできず、1週間程度で体外に排出されると言われています。

したがって、毎日継続して摂取することが大切になります。

摂取量の目安としてはヨーグルトで1日200g程度と言われていますが、特に決まっていることはなく、また摂りすぎて体に悪影響があるというこもないようです。

腸内環境は人によって違うので、どれが自分に合った乳酸菌なのかという点を確認するためにも、同じものをある程度継続して摂ってみる必要があるということです。

ただし、注意すべき点があります。ヨーグルトや乳酸飲料に含まれる糖分です。

糖分は悪玉菌の好物なので、乳酸菌をたくさん摂取しようと思って糖分が入ったヨーグルトや乳酸飲料をたくさん摂取しまうと良くないということになります。

乳酸菌を摂取するタイミングを間違えると効果が無いのか?

「乳酸菌は生きたまま腸に届けるといい」ということをよく聞きます。

体内に入った乳酸菌はその多くが胃で殺菌され、「死菌」となってしまいます。

そのため、胃酸の分泌が弱まる食後に乳酸菌を摂るのが良いと言われます。これはその通りです。

しかし、最近では「死菌」であっても効果が得られると言われています。もちろん「生菌」と同様の効果を得ようとすれば、より多くを摂取する必要がありますが、いつ摂取したとしても効果が無くなることはありません。

もうひとつのタイミングとしては、腸は寝ている間に最も活発に働いているということもあり、夜寝る前に摂取するのも良いと言われています。

まとめ

●腸は体の中で最大の免疫器官。腸内環境を整える(善玉・悪玉の腸内細菌のバランスを整える)ことで、免疫機能を高める。

●これによって、病気にかかりにくくなったり、花粉症をはじめとするアレルギーの症状を緩和することができる。

●乳酸菌は何で摂っても構わないが、糖分には注意。

●乳酸菌を摂るタイミングは食後や寝る前が効果的。しかし「死菌」でも効果はあるため、そのタイミングでなくとも、効果がなくなることはない。

●体外から摂取する乳酸菌は腸内に定着できないので、毎日継続して摂取するのが良い。

これらのことを考えると、サプリメントであれば、
・持ち運びが簡単なので決まった時間に忘れずに摂取することができる。
・カプセルや錠剤になっているので、より多くの「生菌」を腸まで届けることができる。
・余計な糖分を摂取することもない。
ということで、一番効果的なのかなと思います。

でも結局は、ヨーグルト・乳酸飲料であれサプリメントであれ、自分に合った方法で継続的に摂取することが大切です。
また、乳酸菌だけを摂取していれば健康になるというわけではありません。

栄養素は食事から摂取するのが基本であり、それに加えて乳酸菌を摂取することが体の健康に繋がります。

乳酸菌で腸内環境を整えて、春の花粉症、冬のインフルエンザ、その他にも様々なアレルギーや病気に強い体を作りましょう!!