RUGBY WORLDCUP 2019 日本大会 組み合わせ決定。ジャイアントキリング再び!

スポンサーリンク

ラグビーワールドカップ予選プールの組み合わせ決定

2019年に日本で開催されるラグビーワールドカップの組分けが決まりました。

前回の2015年イングランド大会では、ワールドカップ本大会でわずか1勝しかしたことのない日本代表が、ワールドカップ本大会最高勝率を誇る強豪、南アフリカ代表に勝利するという、史上最大のアップセット(番狂わせ)を起こしました!

この試合、今見ても鳥肌がたちます!

2019年大会でも、あんな試合が見たーーーーい!のですが、組み分けはこのようになりました。

POOL A 日本に有利と見るか。厳しいと見るか。

出場国 世界ランキング 前回大会の成績
アイルランド  4位  ベスト8
スコットランド  5位  ベスト8
日本 11位 予選プール敗退(3勝) 
欧州予選1位
予想:ルーマニア
16位 予選プール敗退(1勝)  
欧州・オセアニア
大陸間プレーオフ勝者
予想:トンガ
13位 予選プール敗退(1勝)   

日本が入る【POOL A】。南半球の強豪4ヵ国が入っていないことで、“日本にとって戦い易い”、”組み合わせに恵まれた” なんてお気楽な意見が飛び交っているようですが、なめてかかると大変です。

普通に考えれば、アイルランドが1位通過、スコットランドが2位通過なわけですから。

アイルランドは強いですよ~。オールブラックス(NZ代表)の連勝記録を止めたのも、欧州シックスネーションズでのイングランドの連勝記録を止めたのもアイルランドです。

とにかく激しいタックル、ゴール前でのモールも強力。アイルランド代表とは6月にテストマッチを行うので、ワールドカップへ向けて日本代表の試金石となるんじゃないでしょうか。

スコットランドは前回大会の予選プールで唯一、日本が敗れたチームです。この敗戦により、3勝もしたのに!決勝トーナメント進出を逃した因縁の相手。リベンジしてくれーーー!!

しかし、スコットランドは今年の欧州シックスネーションズではアイルランドに勝ってるんです。


やはり実力からいくとアイルランド、スコットランドが頭一つリードしてる感じです。

トンガもワールドカップとなると数段ギアを上げて、通常とは別物のチームになってくる印象があって怖いです。

日本ラグビー界の悲願、ワールドカップ決勝トーナメントへ行くためには、3勝が必要(2敗したら終わり)。アイルランド、スコットランドの2強のどちらかを必ず食わなければなりません!

ジャイアントキリング再び!!

POOL B 南半球2強が同組に。

出場国 世界ランキング 前回大会の成績
ニュージーランド  1位  優勝
南アフリカ共和国  7位  3位
イタリア 15位 予選プール敗退(2勝) 
アフリカ予選1位
予想:ナミビア
19位 予選プール敗退(全敗)  
敗者復活
最終予選勝者
予想:スペイン
18位 出場なし   

ニュージーランドと南アフリカが同じ組に入りましたねー。プール戦で両者の戦いが見れるってのも、なかなか無いことです。ニュージーランドが今大会優勝すれば、史上初のワールドカップ3連覇!この組はニュージーランドの1位通過は固いんじゃないでしょうか。

仮にニュージーランドが1位通過して、プールAで日本が2位通過すると、決勝トーナメント1回戦(準々決勝)で、日本vsニュージーランドとなります。うれしいような、うれしくないような・・・。

POOL C まさしく「死の組」。どこが生き残る?

出場国 世界ランキング 前回大会の成績
イングランド  2位  予選プール敗退(2勝)
フランス  6位 ベスト8
アルゼンチン  9位 ベスト4
アメリカ予選1位
予想:アメリカ
17位 予選プール敗退
(全敗)  
オセアニア予選2位
予想:サモア
14位 予選プール敗退
(1勝)   

大変な組み合わせになりました。俗にいう「死の組」です。

イングランドは今年の欧州シックスネーションを制した強豪。この大会でイングランドの全勝優勝を阻んだのがアイルランドです。イングランドの現在のヘッドコーチは前回大会で日本に奇跡をもたらした名将エディー・ジョーンズ。ニュージーランドとともに優勝候補です。

フランスは欧州シックスネーションズで3位。(2位のアイルランド、3位のフランス、4位のスコットランドは、ともに3勝で得失点差でこの順位になりました。)

フランス=フレアラグビー。パスとランを中心に次々とフォロワーが湧き出す様子からシャンパンラグビーとも言われます。ちなみに北半球の代表チームで南半球の強豪3か国に一番勝っているのは、実はフランスなんです。

そして、近年著しく力をつけたアルゼンチン。前回ワールドカップではベスト4。(アイルランドを破っての4強)

イングランド、フランス、アルゼンチンから必ず1チームは予選プール敗退となります。仮に勝ち上がったとしても予選プールでそうとう消耗することも予想されます。我らが日本、ここに入らなくてよかったね~。

いずれにしても激闘必至の組です。

POOL D オーストラリアは優勝を狙える?!

出場国 世界ランキング 前回大会の成績
オーストラリア  3位  ベスト8
ウェールズ  8位  ベスト8
ジョージア 12位 予選プール敗退(2勝) 
オセアニア予選1位
予想:フィジー
10位 予選プール敗退(1勝)  
アメリカ予選2位
予想:カナダ
22位 予選プール敗退
(全敗)   

オースラリアにとっては、いい組み合わせになったんじゃないかな。実力から行けばオーストラリアが頭ひとつ抜けてる組です。さほど苦労せず予選プールを抜けそう。

それを追うのは赤い悪魔、ウェールズ。欧州シックスネーションズでは5位。

そして強力フォワードを擁するジョージア。近年、メキメキと力をつけてきているチームです。おそらくスクラムの強さだけ見れば北半球で一番?

さらにオセアニア予選を1位通過してくるであろうフィジーです。フィジアンマジックと評されるパス、キック、ランを織り交ぜたランニングラグビーと得意とするチーム。

順当に行けば、2位通過はウェールズになりますが、簡単にはいかなそう。油断すれば予選プール敗退の可能性もあるかも。

Brave Blossoms(ブレイブ ブロッサムズ)勇敢な桜の戦士たち!自国開催のワールドカップで悲願の決勝トーナメント進出は叶うのか?!

日本が南アフリカに勝った試合、パワーごり押しの南アフリカに対して、エディージョーンズ(現イングランドヘッドコーチ)が鍛え上げたスクラムでセットプレーを互角に持ち込み、愚直なまでに低いタックルを繰り返し、粘り強くフェーズ(攻撃)を重ねることで最後にギャップを突くという戦術が見事にはまった試合でした。

最終的には3勝。日本が南アフリカに勝ったことで、突然、「死の組」と化し、南アフリカ、スコットランド、日本が3勝で並んで得失点差で日本が敗退するという激戦になりました。

見事な飛躍を遂げた日本ですが、攻撃力(得点力)が課題との意見が多かったように思います。

エディー・ジョーンズが去り、新たにヘッドコーチに就任したのはジェイミー・ジョセフ。

得点力アップのために、もっとキックを有効に使った攻撃を掲げています。

さらに、日本代表はサンウルブズとして世界最高峰と言われるスーパーラグビーに参戦。

これにより南半球の強豪のパワーやスピードに耐性が出来てきてると思います。前回大会で南アフリカに勝利したこともあり、強豪には絶対に勝てないという意識も無くなってると思います。

JapanWay! 日本には日本の道がある!

2015年大会を率いたエディー・ジョーンズはこれを達成するために、およそ代表レベルでは考えられないほどの過酷な練習を課しました。選手たちからもあまりの厳しさに不満続出だったらしいです。しかし、その先にあったものは、それまでに見たことのなかった景色だったはずです。

いろんなメディアで、今回の組み合わせを見て良い組に入った!と盛り上がっているようですが、

ワールドカップは甘くない!!

現日本代表のこれまでの試合を見ていると、2015年ワールドカップ出場組と、それ以降の選出組の間に、やはり差を感じてしまいました。ひとつひとつのプレーの厳しさが違うのです。特にディフェンス、タックルにその違いが如実に現れているように思います。

スーパーラグビー参戦の効果が出てくれば、このへんは改善されてくると思いますが、やはりワールドカップの決勝トーナメント進出(つまりベスト8に入るということ)のためには、もう一段階、スクラム、タックル、アタックのレベルを上げる必要があると思います。


さあ、2019年、自国開催のワールドカップ。運命の組み合わせは決まりました。

再び、ワールドカップの舞台に桜が咲き誇ることを期待しましょう!!

それでは、また。