僕がauからmineoに乗り換えたこれだけの理由。格安SIMのススメ!

mineo

キャリア(au)のスマホを使っていた僕が、格安SIMのmineo(マイネオ)に乗り換えてから、1年ちょっと経ちました。

当時、キャリアの何に不満があり格安SIMに乗り換えたのか振り返ってみたいと思います。

スポンサードリンク

携帯キャリアのココが不満だったんです!!

データ通信量が少ない僕に適した料金プランが無い。

僕のモバイルデータ通信量は以下の理由から、かなり少ない状態でした。

  • 平日の日中(仕事中)には、スマホを使わない。使うのは昼休みぐらい。
  • 家に帰った後はスマホをガンガン使うが、wi-fi環境があるため、モバイルデータ通信は使わない。

1ヶ月のモバイルデータ通信量は1Gあれば十分という状態。auで1Gのデータ定額は2,900円。ほとんどモバイルデータ通信を使っている意識がないのに、毎月2,900円というのは如何にも高い!

ついでにデータ通信量の下限が1Gで、それ以下のプランが無い(怒)。

音声通話をほとんどしないのに、毎月固定料金が取られる。

  • モバイルデータ通信と同様に、音声通話というものをほとんどしていないにも関わらず、最安のスーパーカケホでも月1,700円。なぜ、電話していないのに電話料金を取られなければならないのか?スゲーもったいない気がする。
  • つまり24時間カケホーダイのプランは僕には不要。

大体、このふたつだけで2,900円+1,700円=4,600円となるわけだが、毎日ガンガン使っている家のネット環境と同等の料金となってしまうのは納得がいかない訳です。

端末料金が高い。

僕が納得がいく性能(端末スペック)を考えると、XPERIA、GALAXY、iPhoneが選択肢になるのだが、そうすると端末代金が高い!

  • 確かに毎月割など各種割引はあるものの、割引を受けるための条件(2年契約・3G以上のプランが必須など)が納得いかない。
  • せっかく端末の割引があるのに、データ定額が高くなったんじゃ結局高いことに変わりないんじゃないの?

世の中には高性能なのに価格を抑えたスマホがたくさんあるのに、なぜそういう端末を取り扱わないのか不思議なわけです。

毎年キャンペーンを張っている「学割」が気に入らない。

うちの子も高校生の時からスマホを持つようになり、新規契約時に「学割」を利用したわけですが、

  • なぜ、1年間しか安くならないのか。「学割」だというなら、最低3年間安くしないとおかしいんじゃないのか。
  • なぜ、新規契約の人しか「学割」が利用できないのか。

新規顧客優遇で既存顧客に優しくない。

そもそも、キャリア各社は昔から“釣った魚には餌をやらない”的なところがあって、新規契約やMNPで転入してきた人にはいろんな割引が適用されるのに、既存の顧客にはたいした恩恵がないのが現実です。

2年縛りの契約が嫌い

携帯キャリアとしてみれば、2年間固定的な顧客を獲得できるわけだから、そういった契約形態もわからなくはない。その代わりに料金を安くしますよってしてるわけだし、端末代金を2年間の分割払いにしての月々の負担を減らすという考え方もわかる。

そういったことから最初の2年はまだしも、端末代金も払い終えた後も「2年縛り」が自動更新されてしまうっていうのはいかがなものか。

どうせ料金が安くなることで、ほとんどの人が2年契約とするわけだから、最初からそれが通常料金だってことにして、端末の支払いが残っている間は縛りを入れるということでいいんじゃないかと思ってしまう訳です。

以上、当時の不満を振り返ってみたわけですが、あれから1年たって何かが変わったんでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする